りんだラジオぽーたる!

「りんだラジオ」のポータルサイトです♫

一流ってもしかしたらすぐそばにあるかもよ。~実践! バカでも年収1000万!~年収300万からの挑戦~「実践16:「自分だけの地図」をつくると、一流への道筋が見えてくる!」~

こんばんは! ランラン(@southern0921)です。
3連休も過ぎて、火曜日からヒイヒイ言っている方もいらっしゃるでしょう。かくいう私もそうなのです。今日が終われば、後3日! ちょっとだけ踏ん張っていきましょう。

さあ、今日もいってみましょうか。バカ1000万寄稿!

先週分はこちら。

www.lindaradio-portal.com

 今回のラジオは8日月曜日の20時に公開されました。


実践!バカでも年収1000万!年収300万からの挑戦 「実践16:「自分だけの地図」をつくると、一流への道筋が見えてくる!」

<オープニング>

ついさっき気づいた。仕事の前日に録るラジオだと思っていたら、日曜20時をすっぽかしてしまった。

反省して元気よくやっていくしかない。

<先週の実践結果報告>

「食べてみてジャッジ」する。まずかったら吐き出せばいい!

やってみた後のことを言ってくれる人がいない

続けていかないと、では止まる。嫌だったらやめるという視点。

やってみてよかったことが多い。

パラレルキャリアのイベントもやめることがよぎったが、やってみようって気持ちでやって、いい経験となった。

メルカリライブコマースをやってみて、辞めた。→バカ1000万ラジオに変わった。

<「自分だけの地図」をつくると、一流への道筋が見えてくる!>

「自分よりも成功している人」「自分よりも実力が上の人」を見つけて会う。

今週一週間、超一流の人に会う機会がたくさんあった
 →☆足りないスキルや自分に今あるものなど、自分の現在地が見える。☆

プロの方にコーチングをお願いした!
 →目指す方向に行くために自分の現在地を見出し、着実に歩む。
今まで自分流でやっていたけど、人に聞いてもらいながらやる段階にきた。
コーチングする方も勧めてくれた方も一流の方。

来週から青森勤務になったので、青森からzoomで話す!

<収入報告>

ライフエンジン主宰のjMatsuzakiさんが、りんださんのためにpolcaを立ててくれた。
6日目で、30000円目標に対し、24000円ほど集まっている。
誰かが誰かのためにpolcaを立てることは最近の流れとしてあって、りんださんもやっていたが(相手は私だったのです。最初狙いがわからずポカーンとしてましたが、誕生日祝いとして集めてくださったことが分かり、もう言葉が出ませんでした。いただいたものに関しては先日少しだけ本代になりました。多分全部本に費やすことになりそうです)、まさか運営の人に立てられるとは思わなかった。
 →お礼をいただけるほどの資産が積みあがってきている。

青森に行くことによって、キャッシュフローがよくなる。
 社宅になって、家賃が今の10分の1以下になる。

実質の収入アップになっている→実践のおかげだと思う。

<この後は>

バカスキル16個全部紹介した。

この後はバカ6大奥義と別のスキルを紹介していく。

来週は引っ越しがあって休むかも? 次回をお楽しみに。

以上が、ラジオの内容です。

 

どうだろう、先週、私は何かできたかなあ? あ、そうそう。
私、決めたことがあるんですよね。ライフエンジン内で自分の気持ちに正直になるって。まだ訓練は必要だと思うんですけど、ふっとそう思えたんです。そのきっかけは自分の今考えていることをちゃんとそのまま吐き出したから。ずっとたまっていて、否定されるのが怖くて自分で否定して、止まってしまっていたんです。でももうその必要はないって。たまっていることはそのままあったから、もう誰になんと思われようとも、私は私の道を行くんだって、分かったから。だから考えていること、吐き出してみた。かなりの内容だったから反応はなかったけど、自分の気持ちを抱え込むことをやめて、表に出して自分が軽やかになって、仕事にも集中できたし、よかったんだよね。そして新たな思いを与えられた。今までの生き方と180度変えようって思えたんだ。隠すことから表すことへ。少しずつあっちこっちでやってみようって思うよ。

一流に触れる、一流に会うって大事だね。

たださー、どれが一流か実はわからないってことがあったりするじゃん?

これってね、結構重要な問題だと思うんだよ。

会った時、触れた時に感じる空気感、発言、雰囲気とかいろいろ感じると思うんだけど、実はある程度偽れてしまうってこともあるんだよね。すんごく残酷なことを言って申し訳ないんだけども。

一流に触れるって一言で言ってもさ、まずは一流なのかどうかを見極めることが大事だと思うんだよね。でもさ、見極めるためにはどうしたらいいのかってなると、いろいろ触れて、知って、自分で感じて、考えて、経験を蓄積するってことが大事なのかなって思う。ふむ、月並みなことを言ってるな。

そんなこと言ったって、困っちゃうよ、そんな長い時間をかけてられないよ!
そんな方のために、ちょっと考えてみようか。

理想は「全てが」一流のものに触れる、「全てが」一流の人に会う。
でも見極めができなければ難しい。

というわけで私から提案したいのは、それぞれの人に「一流」って思えるところはないかを検討してみる、ということ。いいところが非常に突出しているものを「一流」として定義して、その部分に触れてみるということ。

そう、「全て」じゃなくていいんです。

もしかしたらあなたの周りに「一流」の何かを持っている人がいるのかもしれません。まずはそこから始めてみましょう。

自分が一流だって思えるもの、思える人の一部分に触れる、知る、思いめぐらしてみる。それだけでもきっとあなたを引き上げてくれるものになるのかもしれないですから。

それで思い出すのは、私を知っている人ならやっぱりかって言われちゃいそうですけど、夜勤をやっていた時の上司なんですよね。上司の仕事っぷり、仕事への考え方、スタンスは非常に類稀でした。自営業をやっていらっしゃるからこそ見えること、振る舞いがあって、時々思い出してはそうだなってヒントを得て、歩んでいる形です。

人によって「一流」に対する考え方って違うと思うので、まずは今「一流」だなって感じられる部分に触れてみましょう。全てじゃないってところが重要です。

そうしていくうちに少しは見極めができるようになって、「全て」が一流のもの、人に出会うことができるようになるのかなって思います。

私もそろそろ、夜勤の上司以外の「一流」を探しに行かないといけませんね。

といったところで本日のブログはこれにて。
次回の更新もお楽しみに♪